上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は元職場のサロンに施術を受けに行きました。

諸事情は伏せますが、前のサロンで使える有効期限が半年の

チケットが結構残っていたからです。


気心の知れている後輩(年は上ですが・・・)が、一人で店を

切り盛りしている日を目指して受けに行きます。

後輩も相当な仕事のストレスをためているので、他にお店の人が

いないこともあり、近況として沢山の愚痴を聞きます。


今となっては抜けた店。

勤めていたときは不満だらけだったそのお店。

気持ちもわかり過ぎるくらいにわかります。

この仕事とお客様と接することが好きなだけに、チケット売りを

無理無理にでも勧めなければならないつらさ。

お客様のお体を考えているからこそも強くゴリゴリやることをしないように

しているのだけれども

「リラクゼーションに来てるんじゃないんだから」

といわれてしまう悲しさ、切なさ。

そもそもゴリゴリこすったからといって痩せると思っているなんて・・・。

どれだけ他力本願なんだろうとは思っても、当然そんなことは言えず・・・。


人手不足で一週間にチェーン店を転々と回らされるため、

疲労もたまり、ペースもつかめず、固定客もつきにくい。

そして、そんな状態でのしかかってくるノルマの重圧。

ストレスと極端なツヨモミのため、体力をすり減らし

毎回訪れると疲労の濃い顔をしています。


今日はそれを通り過ぎて蒼白な面持ちの後輩。

大丈夫かとたずねれば、本調子ではないといいます。

前回尋ねたときも病み上がりという話でしたが、

どうもそこから回復しきっていない様子です。


案の定施術が始まり、下半身を軽く終えたところで続行が不可能に

なってしまいました。

しきりに謝る後輩をとりあえず座るように勧めると、速攻お手洗いに

駆け込んでいます。

着替えを済ませ、元いた職場なので軽く片付けとベットメイクを終えたくらいに

やっとお手洗いから出てこれた後輩。

聞けばストレスのためか吐き癖がついてしまい、それがとまらないとの事。

休暇前の疲労がたまるあたりになると、倒れそうになるとの事でした。


不調で思うように動けないため、店長に正社員から勤務のやや楽な準社員に

なったらどうかと怒られた。

けれども40近く結婚もしていない自分としては準社員の給与ではそれこそ

掛け持ちで仕事をしなければ生活がなりたたなくなり、今以上に体力的に

つらくなる。

とりあえず今回は準社員の話は見送ってもらったものの、

今回このことが露呈したらそうもいってられなくなる・・と暗い顔をします。

今日のことはとりあえず無事終えたとして、次週の予約時に残りの分を

軽く上乗せしてやってくれればいいから、と店を後にしました。


彼女はこの仕事が好きだといいます。

この店の過酷さは良く知っていたので、もうすこし体力的に楽で

ノルマに振り回されず力を発揮できるお店への転職を一応勧めましたが、

リラクゼーション業界で社員採用をしてくれるお店などそうそうないこと、

また一から未収入を数ヶ月すごす研修を受ける余裕は経済的にないといいます。

確かに、社会保険、雇用保険にきちんと入れてくれるリラクゼーション業界って

早々ない。

でも、9時~22時6日勤務で、この力仕事+ノルマのきつさを考えると

収入などを考えても待遇が良いとは決していえません。

パートはある意味就業時間で逃げることができますが、

社員は時間外でも無償での労働は当たり前。帰宅が日付が変わることも当たり前。

当然パートよりもノルマも責任も強く、額も半端ない売り上げを要求されます。

正直、時給換算しても社員はパートより割が悪く、社員という名の奴隷だな・・・と

在職中は思っていました。

かといってそうは彼女に言えません。

 自分は結婚をしているため、扶養範囲でしか働けません。

そんなこともあり、このお店の「お客様来たときだけ時給払う」

というシステムでも、なんとかやっていた経緯があります。

8時間拘束で、2時間分の時給しかもらえないこともしばしば。

交通費も満額は出ないため、赤字なことも多かったです。


長時間、また曜日も多くは入れないためバリバリ仕事をしたいと

思っていた自分にとって、この立場はやりきれないと思うことも多かった

ですが、当然配偶者がいて夫に養ってもらっているという立場に甘えて

いたのも事実。


好きな仕事をする、好きな形の就労形態を選び無理なく働くことの幸せ。

私はまたそれを忘れていたのかもしれません。

思い通りに行かないことも多いけど、夫にも環境にも

私はまだまだ感謝が足りない、と思った事件でした。










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。