上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もともと私はアロマでクラフトの類はあまり作るほうではありません。

基本面倒くさがりなんですね。。。

それでも比較的簡単に使えるという理由で

塩(1キロ)に好きな精油を入れてバスソルト作ることは

ずっと続けています。

巨大な瓶に婦人病に効きそうなものと、むくみや老廃物の排出

に役立ちそうなブレンドをしたものを二つ。

洗面所に常にストックしておいて、よく利用します。

私は翌日お風呂を洗う習慣があるのですが

浴槽の汚れ具合などからみて、

「ああ、結構老廃物でてるのね」

と思います。本当にお塩を入れてつかった残り湯&浴槽は汚れているのです。

冬などは温まるも違いますし、湯冷めもしにくい。

私は夫と二人暮しなので、夫も受け入れやすいメジャーな香りのもので

作っています。

そのほかにも、お風呂に直接その日の体調により精油を入れて

ゆっくりつかることも多いです。

前の職場で失敗したこともあるのがトラウマで

あまり精油の精神的な作用については語らないほうがいいのは

理解しているのですが・・・。

私が実践しているのを書きたいと思います


ラベンダー

メジャーですが、私はこの精油本当に好きで母性を感じます。
あまり細かいことを考えず、ゆったりしたいときはこれを入れてます。


オレンジ

安価なのもあり、多くつかっても経済的負担もなく、うつうつしている
気持ちをやさしく持ち上げてくれること、身も心も少し肌寒いなってとき
入れてゆっくりつかります。

ラバンサラ

喉がかさかさしたり、寒気がしたりなんとなく明日には喉がいたかったり
鼻かぜを引きそうだな・・・というときにつかいます。
質がなんとなく冷たい感じがする精油なので、オレンジと二つつかうことも多いです。

フランキンセンス

疲れを感じ始め、なんとなくほかの人の気づかれをもらってしまったな・・・という
ときにつかいます。
穏やかな浄化をしたいときにつかいます


ジュニパー
フランキンセンスと同じ事情で、かつ体に纏わりつくような疲れを払拭したい
ときにつかいます。理由もわからず体がおもだるく、ともかく体から疲れとともに
背負い込んだのを追い出したいときに使います。
ただ、香りがあまり私の好みではないので(質が強引で疲れる。。。)
あまり登場しません。


ユーカリ

フランキンセンスとジュニパーと同じような状態でかつ、すべてをリセットして
いろんなことを立て直すときなどに使っています。
しゃきっとしますねヽ(´ー`)ノ

ちなみに私はこれで覚醒するような感じですが、小さなころ小児喘息で苦しんだ
夫にとって、この香りは小さいころ発作になると胸に塗ってもらった「ビックス
べ○ップ」の香りだそうで、
「お袋に胸に塗ってもらうと楽になって安眠した記憶の香り」
なんだそうです。したがって、このお風呂に入るとどことなく安心して
コテンて深く眠れるそうです。

香りは記憶に繋がるといいますが、捕らえ方は人それぞれですね(´ー`)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。