上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は元職場のサロンに施術を受けに行きました。

諸事情は伏せますが、前のサロンで使える有効期限が半年の

チケットが結構残っていたからです。


気心の知れている後輩(年は上ですが・・・)が、一人で店を

切り盛りしている日を目指して受けに行きます。

後輩も相当な仕事のストレスをためているので、他にお店の人が

いないこともあり、近況として沢山の愚痴を聞きます。


今となっては抜けた店。

勤めていたときは不満だらけだったそのお店。

気持ちもわかり過ぎるくらいにわかります。

この仕事とお客様と接することが好きなだけに、チケット売りを

無理無理にでも勧めなければならないつらさ。

お客様のお体を考えているからこそも強くゴリゴリやることをしないように

しているのだけれども

「リラクゼーションに来てるんじゃないんだから」

といわれてしまう悲しさ、切なさ。

そもそもゴリゴリこすったからといって痩せると思っているなんて・・・。

どれだけ他力本願なんだろうとは思っても、当然そんなことは言えず・・・。


人手不足で一週間にチェーン店を転々と回らされるため、

疲労もたまり、ペースもつかめず、固定客もつきにくい。

そして、そんな状態でのしかかってくるノルマの重圧。

ストレスと極端なツヨモミのため、体力をすり減らし

毎回訪れると疲労の濃い顔をしています。


今日はそれを通り過ぎて蒼白な面持ちの後輩。

大丈夫かとたずねれば、本調子ではないといいます。

前回尋ねたときも病み上がりという話でしたが、

どうもそこから回復しきっていない様子です。


案の定施術が始まり、下半身を軽く終えたところで続行が不可能に

なってしまいました。

しきりに謝る後輩をとりあえず座るように勧めると、速攻お手洗いに

駆け込んでいます。

着替えを済ませ、元いた職場なので軽く片付けとベットメイクを終えたくらいに

やっとお手洗いから出てこれた後輩。

聞けばストレスのためか吐き癖がついてしまい、それがとまらないとの事。

休暇前の疲労がたまるあたりになると、倒れそうになるとの事でした。


不調で思うように動けないため、店長に正社員から勤務のやや楽な準社員に

なったらどうかと怒られた。

けれども40近く結婚もしていない自分としては準社員の給与ではそれこそ

掛け持ちで仕事をしなければ生活がなりたたなくなり、今以上に体力的に

つらくなる。

とりあえず今回は準社員の話は見送ってもらったものの、

今回このことが露呈したらそうもいってられなくなる・・と暗い顔をします。

今日のことはとりあえず無事終えたとして、次週の予約時に残りの分を

軽く上乗せしてやってくれればいいから、と店を後にしました。


彼女はこの仕事が好きだといいます。

この店の過酷さは良く知っていたので、もうすこし体力的に楽で

ノルマに振り回されず力を発揮できるお店への転職を一応勧めましたが、

リラクゼーション業界で社員採用をしてくれるお店などそうそうないこと、

また一から未収入を数ヶ月すごす研修を受ける余裕は経済的にないといいます。

確かに、社会保険、雇用保険にきちんと入れてくれるリラクゼーション業界って

早々ない。

でも、9時~22時6日勤務で、この力仕事+ノルマのきつさを考えると

収入などを考えても待遇が良いとは決していえません。

パートはある意味就業時間で逃げることができますが、

社員は時間外でも無償での労働は当たり前。帰宅が日付が変わることも当たり前。

当然パートよりもノルマも責任も強く、額も半端ない売り上げを要求されます。

正直、時給換算しても社員はパートより割が悪く、社員という名の奴隷だな・・・と

在職中は思っていました。

かといってそうは彼女に言えません。

 自分は結婚をしているため、扶養範囲でしか働けません。

そんなこともあり、このお店の「お客様来たときだけ時給払う」

というシステムでも、なんとかやっていた経緯があります。

8時間拘束で、2時間分の時給しかもらえないこともしばしば。

交通費も満額は出ないため、赤字なことも多かったです。


長時間、また曜日も多くは入れないためバリバリ仕事をしたいと

思っていた自分にとって、この立場はやりきれないと思うことも多かった

ですが、当然配偶者がいて夫に養ってもらっているという立場に甘えて

いたのも事実。


好きな仕事をする、好きな形の就労形態を選び無理なく働くことの幸せ。

私はまたそれを忘れていたのかもしれません。

思い通りに行かないことも多いけど、夫にも環境にも

私はまだまだ感謝が足りない、と思った事件でした。










スポンサーサイト
昨日祝日は本当にいい天気で(^_^)v


もともと自分の勤めているお店ではないのですが、オーナーの

が店長を務めているお店にヘルプに行きました。


現在そのお店は過去に例のない(おそらくこれからもないであろう)

大規模なキャンペーンを張っています。

オーナー的にもなにやら今月が勝負!と思うところがあるらしく

祝日の集客を見込んで急遽私がヘルプに入ったというのが事情です



お客様もぼちぼち入り、何人かの施術には入りましたが、それでも

空き時間はあります。

オーナーともう一人の常駐スタッフがキャナペーンのため急遽発注

されたチラシを折ります。

そしてそれをひたすら私が街頭で配るという作業をしました。


ビラ配りも難しい。まずなかなか受け取ってもらえない

ビラをもってたたずんでる私をみるなり携帯をわざとらしくあけて

「あなたのことなど見えてません」

な対応に出る人。

肩で私の手を押しのけるように拒否して見せる方

いやいや、そこまでニーズの無い方に配りませんから・・・(笑)

手を振っていりませんというしぐさをされる方、やんわりと断る方

色々いらっしゃいましたが、そんな町行く人たちの姿や所作服装、

表情を観察するのはとても面白かったです。

まあ、チラシ受け取りたくないばっかりに逆のエスカレーターに突っ込んで

転んだ方。派手な装いの方でしたがあれはいただけませんね・・・。

あまりに距離が離れていたのと、妙な言いがかりつけられても面倒なので

駆け寄るのもためらわれましたが・・・。

いや、受け取らないからどうというのでなくて、

なんというかシャンとしているかたは、拒否の仕方もシンプルで

わかりやすく、スマート


わりに自意識過剰でチャラチャラした若い子あせって逆方向のエスカレータに

突っ込んだり、道行く人に衝突せんばかりのアクションにでてよほどかっこ

悪い事になってる人多いんです。

実のなさが所作に出るというか・・・。

渡そうとして「いらないわ」みたいな感じで少し微笑まれると

こちらとしても

そんな笑顔見せられたら渡せないわ(/ω\)

なんて人もいるし色々ですね

また年齢に関係なく表情のない硬い表情の方

どことなく疲れている様子の方

覇気のない方

攻撃的な面持ちの方

貧乏、裕福、社会的地位、職業年齢にかかわらず

いわゆる

「余裕がない人」

というのは美醜に関係なく表情を貧しくさせますね


漂わせるオーラーがトゲトゲしてるように感じます

まあ、歩きながら一人微笑んでいたら気持ち悪いですけど・・・。


そのうち観察しながら受け取ってくれる人、くれない人がなんとなく

予測がつくようになりました、チラシ配りもスムーズにできました。


 ビラを配られるほうも観察されているんだな、と

自分も気をつけようと思った一日でした。






2010.10.31 台風
今日はオープンキャンペーンの最終日。

駆け込みのお客様が沢山きてくださるかもしれない・・・

というのは私の予想ではなくて願望だった。

外は台風。時間が経過するほど風も雨もつよくなり、

ついには宣伝用の看板・観葉植物が倒れ始め・・・。

ずぶ濡れになりながら安全な場所へ退避させました。


雨の日はどうしてもお客様が少なくなります。

こんな天気ではポスティングにもいけず、練習と

イメージトレーニングでオイルメニューの復習、掃除をしていました。

夕刻オーナーから電話があり、電車が動かなくなると帰れなくなって

しまうから、今日は早くしめてしまっていいよといわれ

閉店時間2時間前に終了。

うーん;ちょっと残念ですが、オープニングキャンペーンの割引がなく

なる11月以降が勝負思います。

がんばってこうい思います。
本日出勤すると給与明細が届いていました。

前のお店は月20日位の出勤をしながら3ヶ月無給。

それに比べたら、きちんと交通費も歩合も研修中の時給も支給され・・。

本当ありがたいことです。

前のお店について退職月の給与が最近支給されたのですが、約束されていた

役職手当、ノルマ達成による歩合は支払いませんといわれました。


辞められて人の手配大変だったし、退職は二ヶ月前にいわなきゃいけないことに

なっているで、ペナルティーとのこと。

当初の予定金額より3万ほど少ない支給額。

入社したときサインした就労契約には「退職希望日の2週間前」までに申し出ることと

書かれているんですけどね・・・。その約束はもちろん守ったのですが。

退職月は売り上げが思うようにあがらず、月末の3日間の私の大口売り上げでなんとか

売り上げを達成した経緯がありました。

それでこの仕打ち・・・。と腹立たしくおもっていたので、今のお店の太っ腹ぶりには

本当にうれしくなりました。

 
 今のお店はオープンしたて。最近リピーターもなんとかでき、少しずつお客様が

増えてきているところではありますが、それでも空き時間がでてきます。

ポスティング・ビラ配り、掃除に練習、備品のチェックなど色々なことをして

動くようにしていますが、それも続くともうすることがありません。


 勤務に就く同僚と技術チェックも繰り返しますが、他に何か有用な時間のすごし方は

ないだろうかと考えます。

 POPを作成すると「掲示物を張るのは・・・」といわれることもあり、そうしたものを

作成することもできず、お店を守り立てるために何をしたらいいのかわからず考えます。

 これだけ良い待遇で迎えてくれる、やさしいオーナーの店。

なんとか盛り返したいという気持ちばかり空回り。なかなかうまくいかないのでした。

だいぶ放置してしまいました。

申し訳ない・・・。

題名のとおり店を変えました。

かなり根性をいれて働きましたが、どうしてもリラクゼーション目的

でご来店のお客様にエステの用にチケット売りを薦めること、

解剖生理学を無視した痩身を目的にした強いだけの施術、

店員があまりに理不尽な店の方針についていけず1/3位の人数になり

売り上げが下がるだけで

「あなたたちの給与を半分にします」

と言われた所で、もうこの店は辞めようと決心しました。

目標であったボディラインを変える施術は半年のうちにマスターできましたし、

嫌であったとはいえチケット売りの成績も悪くなく、そうした営業のコツも

マスターできました。

この店で半年。逃げ出すのではなく、ここで得るものと課題をクリアしたという

のが私の感想です。そこに発展性を持たせて仕事をしていくものでしょうけど

このお店に対してそのような気持ちになれませんでした。

幸い仕事ぶりは評価され昇給も昇任も早く、そうした意味では充実感がありました。

それでも自分の方向性にあったお店ではない、というのが結論です。


そして本題。

転職にあたり、色々な求人情報をネットで検索し、


きゃりさぽ(スパ・リラクゼーション施設、治療院の求人情報サイト)

http://caresapo.com/index.jsp?area_cd_tab=2
で、今の転職先のお店にスムーズに就職することができました。

以前いろいろなリラクゼーション系の求人サイトから申し込みをしましたが、

なかなか先方からの連絡が来なかったり、下手をすると申し込みそのものを

無視されたり、登録だけされてなんの紹介もされなかったり(都内まで技術チェックに

赴いたり、面接を受けたり手間だけかかって)というものが多かったのですが、

求人先に申し込む際、ある程度の履歴書データなどを入力して送ることができるため、

先方も私がどういった経歴や資格、勤務条件を提示しているか明確にわかり、

話が進みやすかったです。


お店に聞いたところ、契約者はそこから申し込んだ人間を採用して1週間勤務した

ら成功報酬としてきゃりさぽにお金を支払う義務が発生するという形だそうです。

こちらとしても、お店の場所や時給や方向性などがサイトを通じてある程度

イメージすることができ、今までのリラクゼーション業界への転職としては

一番スムーズに事が運んだ気がします。


 前のお店ではアロマやリフレなど表向きリラクゼーションを装いつつ

(求人もそれっぽく出している)内容エステという形態につらい思いをしました。

なかなか求人を申し込みするときには、そうしたお店の雰囲気、体質ってわかりにくく

不安なものだと思います。


 たまたま私の転職先が良かっただけかもしれませんが、利用の仕方なども

わかりやすく、私としては好感触だったのでご紹介させていただきました。

新しいお店でもがんばるぞ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。