上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バタバタしておりましたが

ようやく義父の退院のめどが立ちました


41度近くの高熱のため錯乱状態となった義父は

看護婦は蹴っ飛ばす 夜中徘徊する

言うことは聞かない

点滴は1分とつけておられず毟り取って投げてしまう

看護職員に騙されると過剰に反応し

罵声を浴びせ続けると


まあまあ暴れてくれまして・・・

最初かつぎ込まれた病院には

「面倒見切れないから」

と他の病院に転院させられてしまいました


次に救急車で搬送された病院は

市内の大きな総合病院

救急隊員にも罵声を浴びせ続けなんとか担ぎこまれましたが

入院手続きよりなにより一番最初に同意書をかいたのが

「身体拘束の同意書」

でした

あまりに暴れて治療に差しさわりがあるので

手足腰を拘束するとのこと

可愛そうですがこのまま治療ができないのでは

義父の命に関わります

麻酔をし ちょっとした手術をして眠っているあいだ

全身拘束

夜中麻酔から冷めた義父は自分の状態にびっくりして大騒ぎ

また別室に避難されたらしいのですが

朝方私が再度病院に訪れたときには熱も下がり

落ち着いていましたが 私の顔を見て泣きます

「ひどいめにあわされた 手足縛り付けられたんだよ」

と おいおい泣くので

「お義父さんがあばれるからでしょ」

というと 大声で怒ります

「暴れるってこんなところにいれるからだよ!ここ精神科だろう!!」

という言葉に私もびっくり


「精神科?ここ集中治療室 ICUよ? 危険な状態にある人を24時間

 体制でみてくれるところ」

というと、ぽかんという顔をして落ち着いてくれました


どうも自分は精神異常者として精神科で拘束されてしまったと

勘違いをしてかなりのショックを受けていた模様です・・・。

どうもここ1日半の記憶は熱でぶっとんでいたらしいく

数日の義父の様子を話すと恥ずかしそうに泣きそうにします


微熱は続いたものの 正気に戻れば大人しく治療も受け

ここ数日は平熱 体の炎症反応も収まり来週退院ということになりました


私たちの仕事は未病を癒すという分野ですが

実際の病気の人の看護にあたる医療従事者の方々には頭が下がりますね

あんなに暴れて理不尽なことを言われても

プロとしてきちんと対応してくれる

頭が下がる思いです


本当にここ数日ぺこりぺこり頭を下げ続けたので

正直ちょっと疲労困憊です

でも回復してほっとしました








スポンサーサイト
題名の通り義父が昨夜遅くに救急車で運ばれました


近所の方の連絡でその事実を知り急ぎ搬送先に駆けつけました

命に関わることではなかったのですが

3日前にも自分で救急車を呼んで夜中運ばれたそう


同じ市内に住んでいる私たちには何の連絡もなく

今日に至りました


心配かけたくなかったのでしょうね・・・


容態はよくはないものの

不調の原因ははっきりとしたのでその対処療法でしばらく入院となりました



本日入院用品や手続き書類を抱えて病院にいくと

看護師さんに注意を受けます


どうも義父は自分の体調や体の状態以上に自分は動けると思ってしまい

点滴は勝手にぬいてトイレに行く

飲み物食べ物は禁止といわれてるのに

これまた点滴抜いて飲み物を勝手に買いにいく

実際は高熱であまり動けないので

看護師さんがベットに駆けつけると

ベットから落ちて動けなくなっていたりと

かなり手を煩わせたそうで

「これ以上勝手に動いたり手に負えないようですと

ご家族に泊りがけで介抱してもらうことになります」

と注意されました



絶食中だというのに

「同室の人は食事来るのに俺にはこない 

 命に関わることなのに水も飲ませないなんてひどい

 買ってきてくれ」


などといいます


よくよく言い聞かせましたが どうも自分がどんな状態にいるのか

うまく受け入れていないのか わかっているけど受け入れなれないのか


とりあえず飲み物も不可欠なので明日にでもレスキューのクリーム持参して

手首に塗ってあげようかなと思います



飲食できるようになったらどんなバッチにしようかな・・・

そんなことを考え中です


今週末は月に一度の妊婦検診です

毎日体重計にのっていましたが・・・ 体重が増えすぎてる(ーー;)

危険です 週末までに少し減らせるかな・・・

最近は胎動が感じられるようになり赤ちゃんは元気そうです

自宅でヨガを続け 食べ物に気をつけて体調管理はしているつもりですが

何故増える体重・・・

足のむくみも若干気になってきましたので

今日から半身浴をはじめました

丁度夫も出張である程度時間もとれるということで・・・

ゆっくり低温で長風呂 雑誌セラピストを持ち込んで

ひたすら温まります

今日の精油はオレンジをチョイスしました

とくに落ち込んではいないのですか

温かみのある香りが 今日はすごく恋しくなってしまい(〃 ̄ー ̄〃)

一時間半ほどゆっくりとつかりしっかり温まりました

なんどか体のこわばりが取れたような そんな感じです

これから軽くフットマッサージをして

休もうと思います

おやすみなさい(^_^)v
2011.02.15 再就職先
閉店したお店の元スタッフとランチをした

そのスタッフはフルタイムでお店に出勤していた人

お子さん二人 今後の教育費を考え今まで飲食店でランチのみ

パート勤務などして子育てに重点をおいいたけど

アロマの資格を取得しそれを機会にリラクゼーション業界に

フルで勤務することに決めた方でした


結果半年でお店は閉店

当初会社都合で雇用保険が受給できることになっていたこともあり

その手続きと離職票が届くのをまっていたそうですが

加入日が実際の勤務開始日より2週間近く遅くなっていたそうで

結局雇用保険が日にちが足らず受給できない旨メールで連絡がきたそうです

フルで勤務していた彼女。お店閉店してから一ヶ月が経過してます

雇用保険がもらえないということであれば早急に勤め先を探す必要もあるわけで

いまさら「受給できない」という知らせに困惑していました

お店の閉店のように雇用主側の事情で失職時場合

通常の自己都合と違い待機期間もなく ハローワークに申請後

一週間で雇用保険が受給できる手はずでした

大部分の人がそうであるように

雇用保険などでとりあえず生活を維持しながら就職先を探すわけで

それが突然解雇後一ヶ月もしてから「実は貰えません」といわれれば

あせって当然です

雇用されている従業員側はいつ付けで雇用保険に加入したかはわかりません

その方も事前に日数は受給可能なのだろうかという確認はしたうえでの

今回の事態だったそうで

「まあいい勉強になった」

と笑ってましたが 私だったら笑えないな・・・。

私も生まれて初の勤め先閉店っていう事態でしたが

色々勉強になりました

二人でドリンクバーを飲みながら

今後の勤め先について色々と相談します

私は妊婦なのですぐ就職はできませんが

よい情報が拾えたら連絡するねと伝えて

その日は別れました

子育てしながらリラクゼーション施設で働くって

普通のパート探すのとはまた違い難しい

土日は出勤だし閉店は遅いし

でもお互い前向きに頑張ろうね!と励ましあいます

腐っていても仕方ないし

前進あるのみです

妊娠し 仕事を辞めて私の悪い癖が出てきました

自分はお金というものに対してとても執着があります

昔はお金ですべては買えないけどある程度の自由が買える!

と 自分の気持ちよい好きなことよりお金お金!と考えてた

時期がありました

今でこそバランスがだいぶ取れてきましたけど(ーー;)


でも最近思うんですよね

金銭的にこれからやっていけるんだろうか

出産費用だって結構かかるし普通分娩じゃなければ

加算されるものも多いし

学資保険とか ローンとか色々増えて・・・とか

収入と支出を紙に書いて纏めてみたり色々して具体的にどうなのか

漠然と不安になっててもしかたないと色々してみますが

人生何が起きるかわからないし・・・と

もう考えても仕方ない馬鹿みたいなこと考えてしまう

そこで久しぶりにバッチ飲んでみました

アスペン

金銭的にやっていけるだろうかという対象がわかっている

場合は違うのかなと思いつつ

それでも恐らく今の私はぴちっと計算上

「これで大丈夫」

と出たとしても無駄に不安になってしまいそうなので

今回はアスペンにしてみました

妊娠中でも飲めるのがバッチのよいところですね\(^O^)/

効果が出なければまた後日他のものを試してみたいと思います

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。